お問合せ診療カレンダー
池田市の歯科医院おおやま歯科では、虫歯・歯周病・審美歯科・小児歯科・予防歯科・歯科検診・入れ歯・睡眠時無呼吸症候群の治療などを行っています。
headgaisyou

転んで前歯が折れた…。スポーツ中に接触して歯が欠けた…。

外傷によって歯が欠けた、折れた、めり込んだ、抜けた…。

健康な歯を、怪我で失ってしまうのはとても悲しいことです。

でも、手当てが早ければ、抜かずに済むこともあります。

ケガをしないように注意することも大事ですが、

いざ歯のケガをしたとき

  • どうすれば良いのか
  • 歯医者さんでどういう治療をされるのか

を知っておいて欲しいと思います。

 

歯が抜けてしまったとき

ケガで抜けてしまった歯を救うために、一番良いのは元の位置に戻すこととされています。

まずは抜けた歯を探します。

見つかった歯が地面に落ちて汚れてしまっているときは、水で洗います。

ただし、長く洗うと元に戻るための組織も死んでしまうので、30秒以内にしましょう。

元の位置に戻せそうなら戻して、すぐに歯医者さんに行きます。

戻せないときは口の中に入れて保存すると良いですが、飲み込んでしまう危険があるので注意が必要です。

(唇と歯ぐきの間に入れると飲み込みにくいです)

もしそばに牛乳があるなら、牛乳の中に保存します。

そしてすぐに歯医者さんに行きましょう。

※意識消失や他の大ケガなどをしていないのが前提です。

※歯が欠けたり、めり込んだりした場合も、できれば破片を見つけてすぐに歯医者さんに行きましょう。

どういう治療をされるのか

  • 抜けたり、めり込んだりした歯を、元の位置に戻します。
  • 欠けている部分を修復します。
  • ぐらぐらしているときは、隣の歯と固定 します。 
  • 1カ月ほど経過をみます。
  • 必要に応じて、神経の処置をすることもあります。

※ 外傷歯治療の基本的術式です。症例により詳細は異なります。

 

治療例(脱臼)

 

外傷直後です。歯が内側にめり込んで、ぐらぐらしています。上下の歯を噛み合わせることもできません。

 

元の位置に整復します。

 

固定して局所的安静を図ります。

 

3カ月後です。元の位置で安定しました。ぐらぐらせず、元通り噛めるようになりました。

 

治療例(歯冠破折)

ぶつけて歯が欠けました。

幸い歯根や神経にダメージはなく、欠けた部分を硬質プラスチックで補うだけで済みました。

 

 

 ご予約・お問い合わせは

※当ホームページ内の文章および画像の無断転載を禁止します。